読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キックなしでもクロールは泳げる!

医療従事者が水泳の常識にメスを入れていきます。

肋骨

55 エピローグ

〔おことわり〕 勝手ながら、2016年3月31日をもちましてコメントの受け付けを終了させて頂きました。 [お知らせ] 54『意外と知らないグライドの秘密』の記事を追加させて頂いた。また、49『知られざる水泳の呼吸』も、大幅に改訂させて頂いた。…

53 固定観念に縛られない平泳ぎ

52記事の投稿から、もうはや半年が経ってしまった・・。お待たせして大変申し訳ない。 当記事は、平泳ぎが苦手な人はもちろん、平泳ぎにあまり関心のない人、クロールをはじめとする、他3泳法を泳ぐ人にも参考になる内容である。特に、メイン記事である『…

46 知られざる肋骨の重要性

[おことわり] 重要な記事を追加しています。ぜひご覧ください。 今回は、42 『クロールにおけるドローイン呼吸法』を読まれていない方のために、視点を変えて書き直しました。 1 足が浮く人、浮かない人の差は肋骨にあり 一般的に体脂肪率の高い人は苦労せ…

08 浮く技術 !

以前の記事 03 で予告したように、今回は技術的な話をします。 私達の浮き袋(肺)は、肋骨の上下運動と横隔膜の働きによって、膨らんだり、縮んだりします。普段肋骨は、重力によって下がっています。つまり、肺は縮んでいるわけです。このまま伏し浮きをするとどうなる…